愛知県一宮市での自動車車検に掛かる費用

自動車を所有(あるいは使用)している場合、2年に一度の車検(継続検査)は受けることが義務付けられています。継続検査の有効期限は2年間であり、継続検査を受けない状態でこの期限を過ぎてしまうと、公道で当該車両を使用することが不可能となってしまうのです。しかし、この継続検査には様々な費用が掛かります。この費用負担が継続検査時の大きな悩みとなるケースは少なくありません。愛知県一宮市で継続検査を受ける場合、掛かる費用は車種によって異なりますが、他の地区との差異は殆どありません。というのは、継続検査には全国どこで受けても必要となる『法定費用』が存在しているからです。この法定費用とディーラーや整備工場などの業者に支払う手数料の合計が継続検査に必要な費用となるのです。

車検の法定費用は全国どこで受けても同じです

継続検査を受ける際には様々な費用が必要となります。愛知県一宮市で継続検査を受ける場合においても同様です。この継続検査の費用の内容は、どのような方法で継続検査を受けても同じ額が必要となる『法定費用』とディーラーや整備工場などの業者に支払う手数料の二種類に分かれます。法定費用についてですが、その内訳は自動車重量税、検査手数料そして自賠責保険料となっており、これは国によって金額が定められています。つまり、日本国内で継続検査を受ける場合、法定費用はどこで受けても同じ金額となるのです。愛知県一宮市で継続検査を受ける場合においてもこの法定費用は他の地区と同じ額になります(ただし、車種によって自動車重量税が異なっています)。その金額は軽自動車の場合4万円弱、普通車の場合が5万円から10万円程度と設定されています。

専門業者への手数料も全国的に殆ど差異はありません。

法定費用以外に必要となる継続検査の費用については、継続検査を依頼するディーラーや整備工場への手数料となります。この金額は業者によって異なり、地区によっても多少の差異が生じます。しかし、近年では全国にチェーン店を展開する車検専門業者が存在するなどしていますので、金額的にもどの業者に依頼しても殆ど変わらないのが実情です(相場的には1万円から1万5千円ほど)。また、継続検査の手数料以外に整備・点検に関する手数料が掛かることがありますが、これらの金額も業者によって若干異なる程度です。このように、愛知県一宮市で継続検査を受ける場合に掛かる費用については、軽自動車の場合が4万円から6万円。普通車の場合が5万円から10万円が必要となりますが、この金額については他の地区とほとんど変わらないと言えます。